2011/10/23 独協バッカニアーズ戦 ゲームレポート

トラックバック(0)

vs 独協バッカニアーズ

試合日 10/23

試合会場 理科大グラウンド

試合結果

  慶応アウトサイダーズ    独協バッカニアーズ

 

1Q   0         0

2Q   7         0

3Q   14         0

4Q   6          0

  計   27          0

 

執筆者 2 中郷  1 鈴木(毅)、辛、相馬

 1Q

アウサのキックリターンで試合開始。#4一瀬のナイスリターン。♯12鈴木(宇)のナイスファンブルリカーバーあり、そして#43堀切の初のインターセプトなどディフェンスの活躍が目立った。その後♯11豊島、#22山下のナイランによりエンドゾーン近くまでボールを運ぶことに成功。良い流れで第2Qに進む。

 

2Q

開始早々#13大西のランでタッチダウンに成功し、TFPも成功。その後のパントカバーで危う場面もあったが、#83清水(陽)のナイスパントブロックなどディフェンス陣の活躍により、独協に点を許すことをしない。OLの活躍もあり、アウサのドライブが続くも、タッチダウンまであと一歩届かなかった。

 

3Q 

アウサのキックオフで後半開始。直後に相手のファンブルを誘うナイスカバー。 その後アウサのオフェンスによるラン・パスが冴え渡り、#22山下が公式戦初タッチダウンをかます。

さらに#4一瀬のナイスランでタッチダウン追加。その後、走れるQB#18葉玉のロングランによりエンドゾーンに近づき、第4Qにつなげる。

 

4Q

 開始早々、#11豊島のタッチダウンでさらなる追加点を決める。しかし、その後のディフェンスで独協のドライブが続き、悪い流れになるも#83清水(陽)のQBサックによりなんとかTDは防ぐことができた。

 

総評

何よりもまず今シーズン初勝利を収めることができたのは大変価値のあることであった。ディフェンスで相手オフェンスを寄せつけずTDを許さなかったのは、ディフェンスリーダーの手腕が光り、皆が集中力を切らさなかったからだと思われる。オフェンスでは、ランを中心にパスやQBのプレイコールがさえていたと思う。スペシャルでは、良い面もあったが不安な面もあり、練習不足が露呈した。また、獨協戦ではアウサの人数が一番多い試合であり、ベストメンバーで臨めたと思う。以後もこのようにみんなで集まって練習、試合に臨むことができたら良いと思う。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2011/10/23 独協バッカニアーズ戦 ゲームレポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.keio-outsiders.com/mt/mt-tb.cgi/388