vs慶応ダックス ゲームレポート

トラックバック(0)

vs 慶応ダックス

試合日 9/25

試合会場 東大検見川グランド

試合結果

     慶応Outsiders      慶応ダックス

 

1Q   0         0

2Q   7         7

3Q   0         21

4Q   0          33

  計   7          61

 

執筆者 2 一瀬  1 杉山

 1Q

ダックスのキックオフで試合開始。序盤#11豊島のランでフレッシュを取るも攻めきれずパントに終わる。一方ダックスの攻撃も#85山口率いる守備陣が完璧に封じ、一つのフレッシュも許さず全てパントを蹴らせる結果となった。

2Q

開始早々ダックス#7のランでフレッシュをとられると#3へのタッチダウンパスも通り先制される。しかしその後#18葉玉のランで大きくゲインし、ダックスの反則もあり敵陣深くまで攻め込む。さらに#22山下のランであと一歩のところまで攻め込むと最後は智将#18葉玉のリバースフェイクのランでタッチダウンをとる。この後のカバーはあわやリターンタッチダウンかと思われたが取り消しになり救われる。その後もじわじわと攻められるが、守備陣が踏ん張り前半を7-7で折り返す。

 

3Q

 

アウサのキックオフで後半開始。ダックス#7と#4のランが止まらずゲインされるも#13大西のファンブルリカバーにより救われる。しかし、この後ファンブルリカバーし返されタッチダウンされる。終始#10小島のナイスタックルあり。このあたりから攻守ともにダックスに圧倒され、さらに2本のタッチダウンもとられる。

 

4Q

 

#18葉玉のスクランブルで大きくゲインするも決め手に欠き得点できず。ディフェンスではダックスのオーディブルにより一発タッチダウンを許すが粘りを見せた。ダックスのTFPでは#77鈴木(俊)がボールを抑えそうになる場面もあった。結局5本のタッチダウンを許し最終結果は7-61となった。

 

総評

去年のチャンピオンチームに対して前半はほぼ互角の戦いができたことは収穫である。しかし、後半は力の差を見せつけられる結果となってしまった。チームとして、ダックスは層が厚く、個人の技術も高く、アウサにとってまだまだ遠い存在である。しかし、去年は全く見えなかったその背中が少し見えた。今までやってきたことを続けて行けば、いつかは追いつくと信じるに十分な結果であったと思う。練習1回1回を大事にして、今シーズン残り2試合を戦って行きたい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: vs慶応ダックス ゲームレポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.keio-outsiders.com/mt/mt-tb.cgi/374