vs法政ビーバーズ ゲームレポート

トラックバック(0) コメント(2)

アウトサイダースvs法政ビーバーズ

0-69

執筆者 2年葉玉 1年一ノ瀬

 

「第一クォーター」

アウサカバーでいきなり出される。

法政はパスとランをうまく組み合わせファーストダウン獲得。

ここでTB#11豊島のインター発生 攻撃権獲得!!

椎野さん絶賛の法政4-3を相手にドライブしたいが法政#10にインタータッチダウンを許す。 

ランは法政のDELBによって止められ、パスはラッシュがきて通らない。

しかし、DE#79猪瀬のファンブルリカバーにより敵陣近くで攻撃権獲得。

QB#40園原のランにより4thダウンギャンブルも成功させるがTD奪えず。

法政はランをじりじり出してくる。TB#9のランが止まらない。

#18葉玉のオープンタックルミスごめんなさい。

法政は中ランを中心にTD。 タックルにはいっているが一回で止まらない。

アウサの攻撃 TB#11豊島のナイスオープンラン!

これはFB#23鈴木のナイスオープンブロックのおかげも!

2RBコンビGoodです!!

ここで第一クォーター終了

 

「第二クォーター」

#11豊島のナイスパントあり。

法政の攻撃 アウサLB陣は一回のタックルでしとめたい。

ここでなんと法政のドロープレイによりTD。 パシュートしっかりー!!

アウサの攻撃でない。 

QB#40園原からTB#11豊島へのオプションプレーを試みるが痛恨のファンブルTD

ハンドオフをしっかりー!!

次の攻撃でQB#40園原からWR#4一ノ瀬への50ヤードパス炸裂。

ゴールまであと少し。ここ取りたい、がファーストダウン更新ならず

法政はじりじりと進んでくるがCB#4一ノ瀬のインターにより救われる

「第二クォーター終了」0-27

 

「第三クォーター」

開始早々#23鈴木負傷。

#17水谷がFBに入る、がファンブル。ボールしっかり!!

LB#58北村のナイスタックルあり。

法政のパントミスもあり敵陣深くより攻撃開始。

がインターされ法政に攻撃権移る。

TB#11豊島のオープンのランにより大幅ゲイン。

しかしこのプレーで豊島負傷。

法政はパスこそあまり決まらないものの中ランをじりじり出してくる。

OL強い上にRBのヒットが非常に強い。

第三クォーター終了

 

「第四クォーター」 

いきなりTDを許す。

アウサの攻撃。ラン、パス共にうまくかみ合わない

パントに終わる。

しかしパワープレイによりいきなりTD。法政のパワープレーは非常にキレイ!!是非アウサも真似したいものですね!

アウサの攻撃。

パスが通らない。パスの精度を上げたい。

法政の攻撃。ランとパスにより次々とファーストダウン獲得。

LB#18葉玉負傷。ごめんなさい。

法政ランの連続によりTD

ランをとめたい。みんな死ぬ気でタックルいこうよ!!

アウサ攻め込みたいがQB#40園原のファンブルにより攻撃権かわる。

またもやTDをとられる。

 

アウサの攻撃だが全く出ない。問題はいずこに...。

法政に最後の一撃TDを許し終了。

069で試合終了

 

「総論」

問題点が多すぎて何を書けばいいのだろうか。

まずオフェンスから。

・ボールセキュリティーをしっかり(特に園原、水谷)

・アサインメントをしっかり(特に猪瀬)

・ランの縦上がり意識(特に園原)

・ハンドオフの練習。これがないと「アメフト」できない。

とにかく自滅が非常に目立ったオフェンスだった。

点が取れるオフェンスに仕上げよう。

次にディフェンス。

・タックルミス多々。一発で仕留めたい。強靭な肉体に改造しよう。

・とにかく最後までボールを追おう。

最後にスペシャル。

これは自分の役割をしっかり確認して最後まで!!

今度は大丈夫でしょう。

 

大敗してしまったが、ら、来年こそは...!!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: vs法政ビーバーズ ゲームレポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.keio-outsiders.com/mt/mt-tb.cgi/288

コメント(2)

This post seems to get a large ammount of visitors. How do you get traffic to it? It gives a nice unique twist on things. I guess having something authentic or substantial to talk about is the most important thing.

There are only two ways of telling the complete truth--anonymously and posthumously.