vs早稲田バッカス ゲームレポート

トラックバック(0) コメント(3)

試合日  :2010/10/10(日)

試合会場 :東邦グラウンド

 

試合結果

 Q  慶應アウサ       早稲田バッカス      

0        19 

Q

      0         27 

Q

      0          22

Q

      0         14 

 

 計    0         82

 

二年 山口 一年 中郷

 

 

【前半】

DF

序盤からランが止まらない。

あわや1発タッチダウンの場面多々見られる。

ロングパスでタッチダウン献上。

#4一瀬インターセプト有。

 

OF

1プレイ目でファンブル。

WRの足が止まっている。

スクランブル・オープンがそこそこでていた。しかしほとんどはジャンケンで勝ったようなプレイ以外相変わらずランがでない。

選手の足が止まっている。ついにパントリターンでタッチダウンを取られる。

 

【後半】

DF

DT陣が中ランを抑える。

パスが即タックル決まらず止まらない場面が見られる

ふんばりを見せたい最終クオーターでは、#10小島を中心にロングパスを許さない良いパスDFが見られてきた。

 

 

OF

果敢にパスを投げる。

相手DL陣にロスタックルを許す場面が多々見られる

パスを織り交ぜていく。バック陣のブロッカーの活躍もあり、ドライブが続く。

しかし最後の最後で決定打がでない。

 

 

<総論>

DF

集まれている場面もあるが、個々人のパシュートに対する意識が薄い。

WRがパスを受けてからの即タックルが甘い。特にLB陣は、連携を意識しなければならない。一人だけで止めようとすれば精神的にも、きついものがある。全員が走り、一人目が遠慮なくタックルにいけるようにすべき。

OF

ランプレイではDLに止められていることも多く、ラインやブロッカーの押し負けが目立った。パスは、ダックス戦に同じく34Qに通るが、前半でのパスミスが多く、パスプロテクションが持っていることを考えれば、今後改善しなければならない。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: vs早稲田バッカス ゲームレポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.keio-outsiders.com/mt/mt-tb.cgi/283

コメント(3)

Finally, got what I was looking for!! I definitely enjoying every little bit of it. Glad I stumbled into this blog post! smile I have you saved as a favorite to check out new stuff you article.

Mam ogromną prośbę, bo właśnie planuję stworzyć blog zbliżony do Twojego. Napisz, błagam, jak się ochronić przed spamerskimi wpisami, bo współpracownik mi powiedział, że to największy kłopot... Z góry merci. A tak generalnie, to wspaniale piszesz :). Buziaki dla wszystkich.